Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

楽天の今江選手が今季限りで引退!?引退理由は?病気が原因??

楽天の今江選手が今季限りで引退!?引退理由は?病気が原因??
ミンミン
ミンミン
こんにちは♪ミンミンです♪

どうやら楽天の今江選手が今季限りで引退を決められたそうです。

楽天の今江選手が今季限りで引退!?

楽天の今江年晶内野手(36)が、今季限りで現役を引退することが決まった。15日、球団から発表された。来季の戦力構想から外れており、球団側がコーチの就任を要請。自由契約となり他球団でのプレーを模索していたが、現役生活にピリオドを打って指導者としての道に進む決断を下した。

プロ18年目の今季は、1月末に発症した右目の中心性漿液性脈絡網膜の影響でわずか26試合の出場にとどまった。PL学園から01年ドラフト3順目でロッテに入団し、05、10年の日本シリーズでともにMVPを獲得するなど看板選手として活躍。15年オフに海外FA権を行使して3年総額6億円を超える大型契約で楽天に移籍した。

昨オフの契約更改では大幅減俸を受け入れて巻き返しを誓っていたが、キャンプイン直前の1月末にタイミングで原因不明の右目の疾患を発症するアクシデントに見舞われた。今江は症状について「ものが歪んで見える」と説明。5月4日に1軍に合流したものの、7月に再発して以降は2軍での調整が続いていた。

通算成績は1704試合で5948打数1682安打(打率・283)、726打点、108本塁打。05年にベストナイン、05年から4年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞した。同学年には西武・中村剛也や栗山巧、ソフトバンク・松田宣浩、日本ハム・金子弌大らがいる。

引用https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000181-spnannex-base

引退理由は病気が原因?

1月末に発症した右目の中心性漿液性脈絡網膜の影響でわずか26試合の出場にとどまったと記事にもある様に

やはりこちらの病気が引退理由の原因なのだろう。

中心性漿液性脈絡網膜とは、

中心性漿液性脈絡網膜症は、光を感じる神経の膜である網膜の中で、最も視力に関係する部分(黄斑)に網膜剥離が発生する病気です。30~50代の働き盛りの男性に多くみられます。片方の目に発症することが多いのですが、時に、両方の目の発症することもあります。ほとんどは良好な経過をたどり自然に治ることが多い病気です。

確かにこの病気なら野球は厳しいのかもしれないですね。

ネットの口コミ

男性口コミ
男性口コミ
なぁ。ヒットとかそんなんちゃうねん。もっかい読んでほしいねん。今江年晶ってすんげー選手だったから!楽天ファン、ロッテファン、いやプロ野球ファンの皆さんリツイートお願いできないでしょうか? 今江選手が大好きです!
男性口コミ
男性口コミ
今江選手は今季、右目の中心性漿液性脈絡網膜により26試合の出場に終わりました。 15年オフに楽天へFA移籍しましたが、ロッテ時代は2度の日本一に貢献しました。今後は指導者を希望しています。(所属は未定) 通算成績 1704試合 打率.283 1682安打 108本塁打 726打点
男性口コミ
男性口コミ
楽天が今江年晶内野手に戦力外通告した。球団はコーチ就任を打診したが、今江は現役続行を望んでおり、退団の見通しとなった。
男性口コミ
男性口コミ
兼任ではなく、コーチか。 現役続行ならこちらも退団か

まとめ