Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
美容と健康

肩こりになると全身がだるい!?なぜ?原因は自律神経の乱れかも!?

肩こりになると全身がだるい!?なぜ?原因は自律神経の乱れかも!?
ミンミン
ミンミン
こんにちは!ずっと肩こりで悩まされているミンミンです♪

肩こりがあると何だか全身がだるく感じる事ってありませんか?

実はその肩こりは自律神経のバランスが乱れる為起こっているのかもしれないと言うのです!

その他の自律神経のバランスが崩れるとこんな症状が⇒毛の生え変わりが人にもあった!?季節によって変わる?抜け毛対策

自律神経の乱れと肩こり、一見関係なさそうに見えるこの二つには一体どんな関係があるのでしょうか?

今日はそんな肩こりについて調べました!

肩こりになると全身がだるくなる!?

実は肩こりを起こしている多くの人の場合肩こりだけではなく、首の痛みや、頭痛、眩暈、目の疲れや、吐き気、睡眠障害、倦怠感、はたまた精神病まで多くの症状が重なっていると言うのです。

お医者様が書いている記事を見てみましょう!

肩こり外来の患者様の傾向を調べてみますと、多くが肩こりに加え、頭痛、めまい、目の疲れ、動悸、倦怠感、不眠、腕のだるさ、手のしびれ、手足の冷えなどなど多彩な症状を訴えています。これらの多くは自律神経の調子が悪くなり、起こってくる症状と思います。たかが肩こりと思われる方もいらっしゃると思いますが、肩こりはさまざまなつらい症状の原因の一つなのです。

肩こりがあると自律神経のバランス機能が働きにくくなるのです。そうすると、上記の症状が出現します。特に最近では、自律神経失調症や更年期障害と診断され、苦しんでいる方がとても多くなっております。 神経内科、心療内科で抗うつ剤、精神安定剤などを大量に処方されたり、婦人科で更年期障害と診断されたりしている患者様が多数見受けられます。脳神経外科の頭痛外来で片頭痛や緊張型頭痛と診断され頭痛の治療薬を処方されている患者様もいます。

それでもつらい肩こり症状が改善されないので、肩こり外来を受診されるのです。確かに片頭痛では「肩こり」が頭痛発作の前触れ(前駆症状)という可能性もあるのですが……。

私たちの体に不調が起きたとき、その症状を引き起こす病気は一つとは限りません。腰痛の原因になる病気をとってみても、筋・筋膜性腰痛、椎間板ヘルニア、腰部脊椎管狭窄症などを代表として多くの病気の可能性が考えられます。肩こりにしても多彩な原因が関与している可能性があるので、いろいろな角度から診察検査を行う必要があると考えています。

引用 https://www.huffingtonpost.jp/coffeedoctors/sick–stiff-shoulders_b_7310870.html

実際にストレスからや目の使い過ぎなどから肩こりはきたりすると言いますもんね!

病気の可能性がある肩こりもあるので注意が必要です!

ミンミン
ミンミン
たかが肩こりと思っていましたが、されど肩こりだったんですね!

肩がこらない肩こりがあった!?

もみほぐしをお客様に行っていると、とても不思議な事に気付きました。

それは、肩はあまりこっていないのに肩がこっていると言うお客様が何人かいたのです。

不思議に思い調べてみたところ、肩こりには2種類の分類があった事が判明しました!

1種類目は肩の筋肉からのこりと硬さ2種類目は自覚症状としての肩こりだと言うのです!

実は調べた所、整形外科の専門医の集まりである日本整形外科学会のなかでは、

肩こりの定義を肩、頚、肩甲帯部の「固くなった感じ」「張っている感じ」「重苦しい感じ」「痛い感じ」としています。

つまり病名というよりは自覚する症状ととらえているのです。

つまり自分達自体が張っている感じがする、痛い感じがすると思っているだけのケースがあるようなのです!

反対に筋肉のこりや硬さなどはあるものの自分では自覚する症状が出ない場合も非常に多い。

とてもビックリしました!

でも確かにこれなら納得です!

⇒目の疲れは頭痛と関係が??疲れ目と眼精疲労の違いと対策とは!?

ネットの口コミは?

男性口コミ
男性口コミ
偏頭痛、熱中症なのか酸欠なのか乗り物酔いなのか貧血なのか肩こりなのか低気圧なのかそれ以外なのか、判別できないから困る
女性口コミ
女性口コミ
気圧が悪いと肩こりと股関節と左脚の重だるさが酷いんですよ 酷いんですよー
男性口コミ
男性口コミ
ストレスで肩こりが悪化している。

やはり皆さんも肩こりの他にも色々な症状が出ていたり、色々な原因で肩こりに悩まされている様です。

筋肉のこりならばストレッチやマッサージなどでどうにか出来ますが、ストレス性のものはどうしてもストレスを解消しないと治りにくいのが厄介ですね!

まとめ

今回は肩こりと自律神経の関係についてご紹介しました♪

  • 自律神経の乱れからくる肩こりもある
  • 病気からくる肩こりもある
  • 自分で自覚症状がある肩こりもある
  • 自分で自覚症状がない肩こりもある

いずれにしても誰かに触って貰えば病気ではない限りこっているかこっていないかはわかるのかもしれませんね!

 

⇒美容と健康に良い食べ物とは?

⇒猫背を矯正してくれるぬいぐるみ!?

⇒妊娠7ヶ月の腰痛には理由があった!?

⇒本当は怖い脳疲労の回復方法は?

⇒睡眠の質が生活の質を左右する!?