Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
体験談

姉からの虐待に親の失踪…旦那からのDV…様々な体験をしてきた話

姉からの虐待に親の失踪…旦那からのDV…様々な体験をしてきた話
ミンミン
ミンミン
こんにちは!ミンミンです♪

今日は実際に私が体験してきた沢山の経験のお話をしたいと思います!

実際に経験した事ですが、少し記憶が曖昧になっている部分がありますのでフィクション程度に思って下さい♪

そして、この体験談が誰かに役に立てる事を祈っております。

物心がついた時には当たり前だった姉からの虐待

当時私はまだ、3歳頃でした。

でも衝撃が大きかった事って忘れないで覚えてるもんなんですね(笑)

私は毎日生傷が絶えない子供でした(笑)

母親は私がドジなのを知っている為私がドジだからケガをしていると思っていた様です…。

ですが、確かにドジだからケガをしている場合もありましたが、殆どは姉から受けた虐待の後でした。

私と姉は2歳半しか離れていない為5~6歳の子供が意地悪をしてきてる程度にしか母も認識していなかったのでしょう。

毎日毎日小さくつねられるのです。

どうして小さくつねるのかを聞くと「大きくつねるよりも小さい方が痛いから」との返答でした。

爪で小さくつねられた後の皮膚は赤くなり、爪の形がハッキリとつき、時にはうっ血していたり、皮がめくれる事もありました。

そして、虐待はどんどんとエスカレートしていくのでした。

姉からの虐待

小さくつねられる事が多かった幼少期時代ですが、年々それは酷さが増してきていました。

小さくつねるだけだったものが、叩かれる事や蹴られる事…そして噛まれる様になり、気に食わない事があると2階のベッドから落とされるなど…どんどんと明らかに酷くなってきたのです。

それでも母親は気付きませんでした。

姉はとっても狡猾で、母親の前では良い子にしていて、母親に助けを求めようとすると脅されました。

私は姉の前で泣くことも許されず、祖父が来た時だけ祖父が庇ってくれるのを知っている私は走って祖父に助けを求めました。

まぁ…それでも後で倍になって返ってくるんですけど…(苦笑)

登園拒否

そんなある日、私は風邪をひいて寝込んでしまい幼稚園をお休みしました。

当時、父親はとても忙しい人で(どうして忙しいかは後程わかる…)殆ど家にいる事がありませんでした。

その父親がたまたま平日の昼間に帰って来たのです!

私は小さいながらに昼間ならお父さんに会えるんだ!等と安易に考えてしまい、少しずつ幼稚園に行かなくなる日が増えて来てしまったのでした。

そして、姉は生まれつき痣が顔にあったので幼稚園でイジメられていた様で、幼稚園をお休みしがちで、そのまま小学校も登校拒否をしてあまり学校に行かない生活をしていましたが、

母は、姉が生まれつき痣があるから可哀想と言い、あまり強く学校に行かせなかったのです。

父親の失踪

そんな私も小学校1年生になって姉よりは学校に行く日数は多いけどやっぱり登校拒否をしていました。

よく、姉が嫌なら学校へこればいいのにと言われた事がありますが、学校へ私が行くと母から姉も学校へ行けと言われるので私は姉から睨まれ舌打ちをされるのが嫌で良く休んで姉の世話をしていました。

そんな日々を過ごしていたある日、それは突然やってきました。

私が学校へ行って帰って来る途中で友達と遊ぶ約束をして帰って来ると…見知った物が次々と私が住んでるマンションから運び出されて行くのでした。

私は何か知ってる物だな~等と思いながらマンションの人が引っ越しするのだと思っていました。

すると…自分の住んでいる階に辿り着くと私の家から荷物が次々と運び出されていたのです!

急いで家へ入ると母は泣いていました。

母に声をかけると、「父親が手紙一通残して居なくなった」と言うのです。

しかも、私の父親は不動産会社の社長さんをしていたので急いでココを出ないと危ないと言う話。

ふと思い出した事は、マンションの下に黒の車に乗った黒服の人達が私を見ていた事でした。

私は友達に断る事も出来ずそのまま引っ越しする事になったのです。

後から聞いた話ですが、本当に間一髪でそう言う関係者の人達に売られる所だったと聞いた時は恐ろしかった覚えがあります。

父親の失踪の理由

そして急いで祖父の家へ行き父親の失踪の理由を聞きました。

ある日突然ポストに手紙が1通投函されていて、不動産の経営が上手くいかず、逃げる事、そして悪いのは自分だがその家は抵当に入っているので急いで家を出て欲しい事等が書かれた手紙があり急いで引っ越しをする事になったと言うのです…。

すると…どうやらそれだけが問題では無かったらしく、私文書偽造の容疑で父親が逮捕されると言うではありませんか!

どう言う事かを聞いてみると、父親は勝手に愛人と婚姻関係を結び、母親に子供が出来たら密かにまた籍を戻し、そしてまた愛人に子供が出来たら籍を入れる…と言う行為を3回程していたらしく…

しかもその愛人が父親に対して結婚詐欺だと騒ぎ立て、裁判を起こすと言う話まで持ち上がってきたのです。

しかも、逃げた時には違う女性と逃げたとか…

急いで母が戸籍を確認してみると私達姉妹は愛人の子供に戸籍上なっており、母と母のお腹の中にいた子供(4女)だけが別の戸籍に入っていると言う事実!(我が家は全員で4姉妹)

母は私達の戸籍を戻す為に相手の女性と裁判し、勿論我が家が勝ちましたが妊婦さんの身体のまま戸籍を元に戻しに裁判所へ何回も通ったのでした。

ますます酷くなる姉の虐待

しばらく祖父と祖母と一緒に住んでいましたが、生活をしていかなければならないと言う事で母は生活保護を受け、私達一家は5人で生活を始めたのです。

…所が…

母は昔からの事もあり今回の事もありでとても疲れてしまっていて、(後から聞いたのですが、母も祖父から虐待を受けていたそうです。)

母はとうとう鬱になってしまったのです。

私達が学校に行かなかったのも一つの原因かと思いますが、父親が居なくなってからの母は糸が切れたみたいになってしまい、育児放棄を始めます。

洗い物や料理や洗濯など学校に行っていないのもあり、私達がする事に

姉は好きな家事である料理はしますが、洗い物が嫌いで洗い物は私がする事に…

外へ出たくない母は買い物へはあまり行かず、私が買い物によく行く様になり…小学校4年生の時には母の代わりに銀行まで行っていました。

そんな荒れ果てた我が家ですから、姉は好き放題し始めま

私が言われて未だに覚えている言葉は「お前は私の奴隷として生まれて来たんだから動くのは当然!」と言う言葉です。

当時私はそれを言われたのにも関わらず「あっ!そうだったんだ!」と納得してしまっていました(笑)

物心ついた時から姉の言葉は絶対だった私達は受け入れるのが当たり前だと思ってしまったんです。

姉がゲームをしている時は神経を研ぎ澄まさなければトイレに行く事も出来ません

私が動いた事によりゲームが失敗すると「お前が動いたせいだ!」と怒られ叩かれ、そこまで自分で行けと強制的にゲームをさせられるのです。

まだそれくらいならマシですが、物が飛んできたり、首を絞められる事や自殺を強制される事もあるので姉の機嫌を損ねない様に行動する癖がその時にはついてしまっていました。

終わりに

これが私の幼少期時代の話になります。

まだまだこの他にも沢山の経験をする様になるのですが…それはまた次回にお話ししたいと思います♪

虐待は本当に人の人生を狂わします。

大人になってもなかなか抜けれるものではありません。

その事を少しでも多くの方に知って頂けたらと思い書きました。

私の経験で一人でも多くの方が救われます様に…。

⇒男児を洗濯機に入れ監禁!?虐待された子供と杉原稔章容疑者との関係は??

⇒清原こづえ再逮捕か!?複数の園児に虐待!部下にパワハラまで!?